手続きにかかるお金

男性

用意できない場合は

任意整理を弁護士にお願いする場合、当然ですが費用がかかります。主な費用としては、着手金、報酬金、減額報酬です。着手金とは、弁護士に任意整理を正式に依頼し受任契約を結んだ時点で支払う費用です。債権者1社当たり2万円〜5万円が相場です。法律事務所によっては、多重債務で借りている会社が多いと3社目以降は着手金を割引してくれるところもあります。また、着手金は任意整理の交渉が成功する失敗したにかかわらず発生するお金です。数ヶ月間弁護士が債権者と粘り強く交渉しても和解が成立せず失敗となったら、その数ヶ月間はタダ働きしたといことになってしまいますので、支払ったら返還されないお金です。報酬金とは、和解成立に至った債権者1社につき1万円〜3万円程度かかります。減額報酬とは、任意整理の交渉をして借金の減額に成功した、その減額することができた金額に対して10%程度かかります。例えば、150万円あった借金が80万円に減った、つまり70万円減額できたことになります。70万円の10%ですので7万円が減額報酬として弁護士に支払う費用になります。任意整理をして借金の返済を軽くするといっても弁護士に手続きを依頼することで、まとまったお金が必要になります。お金がない人が任意整理をするわけですから弁護士もその辺の事情はよく分かっています。後払いや分割払いに応じてくれたり法テラスの制度を利用できる場合もありますので、費用が用意できない方は相談をしてみることです。

Copyright© 2018 任意整理のことはプロに相談【相談費用が無料】 All Rights Reserved.