弁護士事務所で料金が違う

ジャッジガベル

着手金と報酬金

消費者金融、クレジットカードのキャッシングを利用していて、毎月の給料の大半が返済で消えていく、そのため貯蓄もできず、趣味や旅行に使うお金もない、この状況を何とか改善したいのであれば弁護士に相談をすることです。手っ取り早く短期間で解決できる方法として、任意整理があります。弁護士が債務者本人に代わって各債権者と借金の圧縮や将来利息の免除などを交渉する手続きです。別に弁護士に頼まなくても個人で行える手続きで、その方が費用もかからずに手続きをすることができるのですが、業者によっては個人相手だと話し合いに応じてくれなかったり、減額には応じるけど一括返済が条件など強気の業者も存在します。そういった金融業者と1社1社交渉していかなければなりませんので個人では限界があります。そのため費用はかかっても任意整理は弁護士に依頼するのがおすすめです。弁護士に任意整理を依頼するときに費用ですが、内訳は相談料、着手金、報酬金となっています。着手金は1社当たり3万円〜5万円程度かかり、戻ってこないお金です。法律事務所によっては3社目以降割引にしてくれるところもあります。報酬金は、成功報酬、減額報酬、基本報酬があります。成功報酬は過払い金が戻ってくるとなったら20%、減額報酬は減額できた金額に対して10%程度、基本報酬とは和解に至ったら1万円〜3万円が1社ごとにかかる費用です。任意整理は法律事務所によって費用形態も異なりますので、ホームページ等で確認することができます。

Copyright© 2018 任意整理のことはプロに相談【相談費用が無料】 All Rights Reserved.